2011年01月04日

About Yukitake

順天堂大学医学部病院管理学 非常勤講師
医師・医学博士       雪下岳彦

*略歴

私は1996年8月、医学部6年生の時にラグビーの試合中に起こったスポーツ事故で、頚椎(C4)を骨折し、脊髄損傷となりました。
その事故以来、手足が不自由になり、車椅子を使った生活を送っています。


不自由な身になりましたが、家族や友人、大学の方など大勢の方にサポートをいただき、1998年医師免許を取得しました。
その後、精神科医としての初期臨床研修を、順天堂大学付属順天堂医院にて修了しました。


2001年に渡米。ハワイ大学で心理学を学び、2004年8月からはサンディエゴ州立大学大学院にてSports Psychologyを学んでいました。
しかし、諸般の事情で、大学院での勉強を途中で切り上げ、2005年6月に日本に帰国しました。


帰国後の2007年4月、順天堂大学大学院医学研究科(病院管理学)に入学し、自律神経の研究を行いました。
そして、2011年3月、医学博士号を取得しました。


*思い

アメリカ留学を決めたのは、アメリカの大学にはハンディキャップを持った学生に対する充実したサポートシステムがあると聞いたからでした。
医師の初期臨床研修修了後、私はもっと色々なことを学びたかったのですが、ハンディキャップを持った人が高度教育や医学教育を受けたり、医療現場で働くことは、日本だとなかなか難しいのが現状でした。
色々取り巻く状況から考えて、日本では今のところ難しいというのは何となくわかりましたが、なぜアメリカでは出来ることが日本では出来ないのか? その違いはどこから来るのか? という疑問がわきました。


また、同時期に、とあるテレビ番組にてハンディキャップを持った日本人でアメリカで生活していた方が、「日本に戻って、私は障害者になった」というコメントをしていたのを聞き、日本とアメリカがどう違うのかを肌で感じてみたいと思いました。
やはり、「百聞は一見にしかず」で、伝え聞いた話をいくら聞いても、経験してみなければわからないことがたくさんあります。
幸いにして海外に留学することができ、勉強だけでなく、もっと広い観点でアメリカを見て、日本との違いを身をもって感じよることができました。
これからは、日本でその経験をお伝えしていこうと思っています。


私が勉強しているSports Psychology (スポーツ心理学) は、まだ日本ではあまりなじみのない分野です。
なじみあるトピックとしては、スポーツ選手のメンタルトレーニングなどがあげられると思います。
オリンピックなどを見ていても、ここ一番で力を発揮できる人出来ない人がいて、メンタル面の強化がいつも今後の課題として残ります。
こういったトピックを研究しているのが、スポーツ心理学です。


ただ、私が一番やりたいところはちょっと違います。
私が勉強したいところは、「怪我」です。
自分はスポーツの怪我でこういう身になりました。
スポーツと怪我は、切っても切り離せない関係にあります。
しかし、私は心理学および精神医学を用いたメンタル面からのアプローチで、少しでも怪我の起こる確率を減らせたらと思っています。


もう一つ、怪我の予防と同じくらい取り組みたいことは、怪我後のメンタル面のサポートです。
スポーツの怪我はほとんどの場合において突然であり、まったく予期できないものです。
それ故に心の準備が出来ておらず、怪我は肉体だけでなく、精神面にも大きなダメージを与えます。
時には、治療が必要なほどの精神状態に陥るにもかかわらず、そのケアはあまり重要視されていません。


私も受傷後しばらくは、かなりつらい精神状態でした。
今になってふり返ってみると、あの時こそメンタル面のケアが必要だったと思います。
もちろん、ドクターやナース、家族や友人の励ましはありましたが、プロフェッショナルなメンタルケアではありませんでした。


スポーツの怪我に限らず、突然の事故や病気に見舞われた方も、同様にメンタル面のケアが必要だと思います。
そして、こういう経験をした私こそが、同じような局面にいる方々のメンタルケアをするのに適しているのではないかと思っています。
Sports Psychologyの勉強は、それを成し遂げるために役立つと考えています。
大学院での勉強は途中になってしまいましたが、これからも個人的に勉強を続けていきたいと思っています。


帰国後、順天堂大学大学院で、自律神経の研究をし、医学博士号を取得しました。
自律神経は体の機能を一定に保つ働きをしていますが、この働きが悪くなることが病気の一因であることが分かってきました。
つまり、精神的な不調、肉体的な不調は、自律神経の機能と密接に関わっているのです。


医学、自律神経の研究、スポーツ心理学、そして私の経験を合わせて、QOL(Quality of Life:人生の質)向上に役立ちたいと思っています。

雪下 岳彦   yukitake@lucky.plala.or.jp
【自己紹介の最新記事】


posted by Yukitake at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪下先生のブログを偶然見つけました。順天堂大学を離れて、現在は郷里の高松市で整形外科病院を継承しています。お元気でいろいろと活動されていること、スポーツ心理学を専攻して現在もスポーツと関わっておられることを知り大変うれしく思います。
一つお願いがあります。僕自身もスポーツ整形に関する講演を頼まれることがあります。そのときスポーツ外傷の話の中で、先生のことを紹介してもよろしいでしょうか?
このブログに書かれていることに限ってお話し、先生がラグビーで頚損になられたこと・医師免許を取って今もスポーツと関わっていらっしゃることを紹介したいと思います。(もし、もし差し支えなければブログの先生の写真を使わせて頂ければ、幸いです。)
今後ともときどきブログをのぞいてみたいと思います。お元気で頑張って下さい。
Posted by 廣瀬友彦 at 2012年08月26日 12:27
コメントありがとうございます!
もちろん、僕のことを話していただいてかまいませんし、写真もお使いください。
何かに役立てれば嬉しいです!
Posted by 雪下岳彦 at 2012年08月26日 13:49
はじめまして。
僕は約2年半前、中学3年(15歳)のときに、柔道の練習中に頸髄損傷になってしまいました。C4を怪我して、手足は全く動きません。
現在、僕は通信制高校3年生で進路に悩んでいます。スポーツに関する仕事につきたいと思っています。色々調べてみて、メンタルトレーナーなら自分でもできるのではと考えました。しかしメンタルトレーナーについて仕事内容など知らないことだらけですし、調べると「理学療法士などの資格を取った方がいい」という書き込みも見ました。故に手足が動かない自分でもなれるのか分からないのです。
手足が動かない僕でもスポーツメンタルトレーナーとして働くことはできますか?
Posted by 八木郷太 at 2014年04月18日 16:39
もちろんスポーツメンタルトレーナーとして働くことはできますが、そのためにはしっかりと勉強する必要があると思います。
まずは、スポーツメンタルトレーナーとはどんな仕事なのかやどうやったらなれるのかを、もっと調べるといいと思います。
インターネットを使えば、だいたいのことはわかりますよ。

あとは、情熱次第です。
Posted by 雪下岳彦 at 2014年04月18日 20:03
ありがとうございます。
「なれる」ということを聞けたので、しっかり調べて頑張っていこうと思います。
Posted by 八木郷太 at 2014年04月18日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141387743
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。