2010年06月22日

iPhoneで字を書いた!そしたら・・・

先日、iPhoneで使えるマウススティックを作成したことを書きました。
これでiPhoneの文字入力も楽になる!と喜んでいたんですが、ふと「そういえばiPhoneに手書きメモのアプリがあるな」と思い、「ってことは、マウススティックで字書けるんじゃないの?」と気がつきました。


そこで、手書きメモのアプリを検索したところ、FastFingaというアプリがEvernoteとも連携できて良さそうだったので、試しに購入してみました。(115円也)

参考:FastFinga : 手書きメモに特化したiPhoneアプリ。秀逸なUIであなたのそのままの字が書けます! http://www.appbank.net/2009/07/04/iphone-application/35493.php


すると、、、書けるんですよ!簡単に!
FastFinga.jpg

このFastFingaというアプリのいいところは、一文字ずつ書いてもきれいに文章っぽくしてくれるところです。

どんな感じかはAppBankさんのこちらの動画を参照あれ。



こうやってiPhoneで簡単に字が書けるようになったのが死ぬほどうれしくて、この感謝の気持ちをとりあえずiPhoneを日本に持ってきてくれたソフトバンク孫正義社長のTwitterに自分で書いた「孫さん、ありがとう!」の写真を添えてツイートしたんです。
(ちなみに、FastFingaからtwitterに直接投稿できます!)

117078210.jpg

そうしたら、何と孫さんが返信をくれたのです!
孫社長コメント.jpg


そして、こんなことに。
『iPhone』のおかげで14年ぶりに文字を書くことができた / 孫社長「感動しました! 有難う」 http://rocketnews24.com/?p=37167


twitterのコメントでappleの社長スティーブ・ジョブスさんの公開アドレスを教えてくれた方がいたので、そちらにメールを送りました。

また、FastFingaというアプリを作っている会社(ニュージーランドにあるようです)にもサンキューメールを送りました。
そうしたら、「とっても励みになるうれしいメールをありがとう」という旨のメールをいただき、こっちまでうれしくなりました!


Twitterにも感動したというコメントを数え切れないほどいただき、とてもハッピーな気持ちになりました!
何というか、「ありがとう」って伝えることがこんなにパワフルなことなんだとあらためて感じました。

これから、iPhoneで字を書くことも楽しんでいきます!

タグ:iPhone


posted by Yukitake at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

iPhone用マウススティック完成!

iPhoneの購入になかなか踏み切れなかった理由の一つは、iPhoneの最大の特徴でもあるタッチ機能です。
みなさんもご存じのように、iPhoneは画面に指で軽く触れるだけで操作できますが、私のように手指が不自由だと上手く使えないのではないかという心配がありました。

また、パソコンを使う時はマウススティックという棒をくわえてタイプしているわけですが、このマウススティックではiPhoneの画面に触っても反応しません。
というのも、iPhoneのパネルは静電方式といって、指(正確には皮膚)から出る微弱な電流を感知して反応します。
ですから、皮膚以外のもので画面に触っても反応しないのです。

タッチパネルにはもう一つ、感圧方式といってタッチパネルに触れた圧に反応するタイプがあり、この方式だと指以外のマウススティックでも反応します。
私が使っている富士通のLOOX U90のタッチパネルはこの感圧方式のスクリーンを採用しています。


iPhoneを購入してみて、私の手でもそれなりに操作できることがわかりました。
アプリをタップして開いたり、スクロールさせることはさほどの労力なくできました。
しかし、文字を入力するのは至難の業ですごく気合いを入れて10文字打つのがやっとでした。

となると、やっぱりiPhoneで使えるマウススティックが欲しくなりますよね!
そこで、リサーチを開始しました。


手が使える人でもiPhoneやiPadでスタイラス(ペンみたいなやつです)を使いたいという人は意外と多いようで、検索すると色々と情報が見つかります。
iPhoneで使えるスタイラスは商品化もされていて、Pogo Stylusというのが有名です。
そして、iPhoneで使えるスタイラスを自作するという情報も見つかり、分析してみました。


情報をまとめると、先端に電気を通す柔らかい素材、そして持つ部分も電気を通すアルミのような素材にして手で持つことにより、皮膚の微弱な電流がスタイラスを通ってタッチパネルに伝わり、動きが感知されるということがわかりました。


また、世界にも同じようにiPhoneで使えるマウススティックを作っている人がいることを知りました。
Accessing the iPad: Mouthsticks and Styluses | ATMac http://atmac.org/accessing-the-ipad-mouthsticks-and-styluses
lifekludger - disability : technology : life http://lifekludger.net/
自分が悩んでることは誰かも悩んでるという言葉が身にしみました。


これらの情報から、鍵となるのは先端につける導電性の素材だということがわかりました。
Life is beautiful: iPad用スタイラスを自作する方法 http://satoshi.blogs.com/life/2010/05/ipad_stylus.html
このページの情報に出ていたICフォーム ZC-02というのを購入して試しましたが反応無し・・・手でもって画面に触れても反応がありませんでした。

途方に暮れていましたが、このページに「SANWA SUPPLY TK-P2導電スポンジ」ならできたというコメントがあり、こちらを購入し、手でもって画面に触れたら、ナント反応するじゃありませんか!

試しに、手持ちのマウススティックの先端にこの導電スポンジをつけてみたところ、iPhoneちゃんが反応してくれました!

口にくわえる部分の自由樹脂が導電性があるとは思わなかったので、アルミの棒とどこかの皮膚が接するように導線が必要かと思っていましたが、必要ありませんでした。


これがiPhoneで使えるマウススティックです。
IMG_0056.JPG

口にくわえる黄色いところは自由樹脂で作っています。
ダイセルファインケム  http://www.daicelfinechem.jp/hobby/freep1.html
先端の導電スポンジはこちら。
サンワサプライ:TK-P2【導電スポンジ】 http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TK-P2
棒はアルミ製だと思います。


そして、使っている様子はこちらの動画で!



これで手が不自由でマウススティックを使ってる人もiPhoneやiPad、iPod touchを使えますよ!

私の世界が変わりました!
ぜひ、作ってみてください。

最後に、iPhoneで使えるマウススティック作りにつきあってくれた奥さんに感謝です。ありがとう!

タグ:iPhone


posted by Yukitake at 11:57 | Comment(10) | TrackBack(0) | パソコン・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

iPhoneゲット&装着!

6/1からソフトバンクでハートフレンド割引が始まり、iPhoneにも適用されることとなったので、密かにずっと狙っていたiPhoneをゲットすることにしました!

世の中は新しいiPhone&iPadの話題で持ちきりですが、ゲットしたのは現行のiPhone 3GSです。
色は白にしました。

iPhoneを手にしてみると、これが妙にかわいいやつなんです!
世の中の人がiPhoneを愛する理由がよくわかりました。

iPhoneは外出時に使えてこそ、その威力が発揮されるわけですが、手で持つわけにはいかない自分の場合はどうしたものかと日夜模索していましたが、ついにいい感じにセットする方法を見つけました!

RIMG0006.JPG

サンディエゴに留学していたときに愛用していたADA LAPのベースにiPhoneをのせることにしました。

参考リンク:
Symmetric Designs - ADA Lap Wheelchair Tray and Accessories
http://www.symmetric-designs.com/ada-lap-wheelchair-accessories.html

RIMG0007.JPG

ADA LAPの上部はマジックテープになっているので、SANWA SUPPLYのiPod車載ホルダー FUN-HLD2BK(Amazonで¥1200くらい)を購入し、ホルダーの裏面にマジックテープを貼り付けて、土台部分とくっつくようにしました。

RIMG0010.JPG

こんな感じで足の間から固定用の柱が出る感じです。

ada lap base.jpg

ADA LAPはL字型になっていて、土台部分を車椅子のクッションの下にすべり込ませて設置します。
見た目の感じ以上に安定しています。

RIMG0005.JPG

とまあ、こんな感じで海辺でiPhoneをいじれるようになりました!

奥さんがサーフィンしている姿を見ながらTwitterしたり、iPodで音楽を聴いたり、Kindleで本を読んだり、メールチェックしたり、などなど色々とできるようになりました。
特に、最近お気に入りのジャック・ジョンソンの"You and your heart"なんかをかけながら海辺にいると最高に気持ちいいです!

文字入力も気合い入れれば指でできなくもないですが、10文字くらいで筋肉が重くなってしまいます(笑)。
ですから、iPhone用のマウススティックがあるとより快適にできると思います。
が、iPhone用のマウススティック製作は一筋縄ではいかないようなので、試行錯誤が必要そうです。
うまくできたら、またレポートしますね。


それでは、よい週末を!



タグ:iPhone


posted by Yukitake at 16:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする